奄美大島、加計呂麻島でシーカヤック、シュノーケリング:海辺のさんぽ社、奄美大島って?

奄美大島、加計呂麻島ってどんなところ?

観光地化されていない、静かな南の島の風情があります。

奄美大島・大島海峡の眺め大島海峡の眺め鹿児島から海を渡り、南南西へ約380km。
奄美大島は 九州から台湾まで点々と連なる南西諸島の中にあって、
沖縄本島と鹿児島の間の洋上に浮かぶ
珊瑚礁に囲まれた、森の深い、海洋性亜熱帯気候の島です


島の周囲は460km。けっこう大きい島です。

奄美大島の複雑な海岸線複雑な海岸線と青い海沖縄本島と佐渡に次いで、日本で三番目に大きな島で、1日で一周しようとするのはちょっと無理。
それだけに、同じ島の中でも様々な表情を持っています。

    島の北部はなだらかで、海岸線はリーフに囲まれた白い砂浜が続いています。
    島の南部は急峻な山と深い入り江がリアス式の複雑な海岸線を作り、
    大島海峡を挟んで加計呂麻島や請島、与路島などの島々が点在しています。

そんな山深い 奄美大島南部の、
大島海峡に面した静かな集落にある一軒の民家が「海辺のさんぽ社」です。

穏やかで美しい大島海峡

奄美大島・加計呂麻島、大島海峡を渡るシーカヤックで大島海峡を渡る「海辺のさんぽ社」では奄美大島と加計呂麻島に挟まれた大島海峡をフィールドに
のんびり、ゆったりのシーカヤック・ツーリングを行っています。

奄美大島の南部・加計呂麻島の一番良いところといえば、
人が少ないこと、観光地化されていないこと。
夏のハイシーズンでも誰もいない白い砂浜がたくさんあります。

大島海峡はリアス式の複雑な海岸線なので小さな岬を越えるごとに風景が変わり
小さな入江のひとつひとつに小さな集落があります。
集落の中へ入って商店で飲み物を買ったり、日陰で休む島のおばあさんに話しかけてみたり。
時の流れから取り残されたような南島の風情が味わえます。

暖かくてきれいな海

奄美大島・加計呂麻島、透明度の高い海透明度の高い海海は暖かくて水が綺麗。浜から泳ぎ出してすぐに珊瑚礁や色鮮やかな魚達と戯れることもできます。
海峡の中は外海のうねりにもあまり影響されないので波も静か。
シュノーケリングに絶好のポイントも沢山あります。


人の踏み込まない無人の浜も沢山

奄美大島・加計呂麻島、無人島状態の浜陸路では行けない無人島状態の浜もちろんキャンプに最適な浜もたくさんあります。海峡に突き出た半島の多くは道路も無く無人島状態。
まだ誰の足跡もついていないフカフカの砂浜。
砂浜に上陸したら、早速、シュノーケリングで海に浮かんでみよう。
水面下には様々な色や形のサンゴや熱帯魚、そして奇妙な海の生物達。
海で泳ぎ疲れたら木陰でのんびり本を読んだり、釣りをしたり、砂浜に寝転んで暮れてゆく空を眺めたり
24時間、自然の中にどっぷり浸かった浜辺のキャンプが楽しめます。