奄美大島、加計呂麻島でシーカヤック、シュノーケリング:海辺のさんぽ社、服装と持ち物

  1dayツアー 夏期(6月〜10月)

 水に濡れても良い服装(水着の上に、できれば長そでの化学繊維のウエアと短パン)

奄美大島の紫外線は思った以上に強烈です。日焼け防止のために長そでのものをご用意下さい。
できれば、水に濡れた時に冷える木綿製よりも、乾きの早い化学繊維のウエアがベストです。

 帽子、日焼け止め、タオル
  ウォーターシューズ

ビーチサンダルは磯場で足を切ったりして危険です。 ウォーターシューズやマリンブーツ、または水はけの良いスニーカー等をご用意下さい。

※ 簡易礒タビを無料レンタルしています。お申し込みの際に足のサイズをお知らせ下さい。

 行動中の飲み物

500mlのペットボトル各自2本(約1リットル)ご用意下さい。(半日ツアーでは1本)

  着替え

ツアー終了時には着ていたものは濡れてしまっています。お帰り用に着替えを一組お持ち下さい。

 シュノーケリングをされる方は、水中マスク、シュノーケル、フィン。

無料のレンタルもご用意していますが、ご自分のものがあればお持ち下さい。
サイズの合った慣れたものが使う方が楽しめます。 

  1dayツアー 冬・春期(11月〜5月)

奄美大島は亜熱帯といえ、冬期は北風が強く結構冷えます。また、晴れて穏やかな日には急に暑くなったりと、 気温の変化が激しい季節です。夏期の服装に加えて下記のものをご用意下さい。

 フリース、ウール等の水に濡れても冷えない防寒具。
 レインウェア上下 (風が強い時はウインドブレーカーになります)

  キャンプツアーにご参加の方

1dayツアーの装備の他に下記のものもご用意下さい。

  ヘッドランプ、フラッシュライト(懐中電灯)
  ツアー中の飲み物(夏は1日1リットル)
  長袖のシャツなど夜に冷えた時の服装 ツアー中の着替え(濡れないようにビニール袋に入れて)
  常備薬、虫刺されかゆみ止め、タオル、洗顔用品などの日用品
  ビールやお酒、おやつ、おつまみなど

※  テント、マット、シュラフ(寝袋)、食器はこちらでご用意致します。